「見える化」在庫管理システムの社長Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の秋に「生きている会社、死んでいる会社」を読む

<<   作成日時 : 2018/11/17 12:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


久しぶりゆっくりした土曜日。

こんな日は読書もいいもんです。


今読んでるのは、遠藤功さんの本。

この著者の本として思い出深いのが「見える化」。

トヨタ式の経営や現場管理が大きな注目を集めていた頃に出た本です。

調べてみると2005年出版でした。


当時、マーケティングの会議で、何かひとことで言い表せるキーワードを皆んなで散々考えていて行き着いたのが「見える化」。

このキーワードで行こう!ということになり、サイトや配布物など「見える化」で統一したものです。

「うちはまさに在庫が見えてないんです」

と仰る問い合わせも度々頂戴しました。

そんなこともあり、勉強のために当時読んだのです。


ただ、在庫管理システムにとって「見える化」は使いやすいキーワード。

しばらくすると、他社の在庫管理システムも見える化だらけ。

嫌になってうちは使わなくなりました


そんな思い出の遠藤功さんの最新の本。

変化のスピードも上がり、組織も自己変革が求められます。

そんな組織のあり方についてまとめられた本。

見える化だけではダメだ、という記述もあり、著者自身の変化・進化も感じます。

ひとは、過去の成功体験から環境が変わっても同じことを繰り返しがち。

そうならないための考え方や起こすべき行動が示されています。

普段ボンヤリ思ってることが、明文化されてスッキリしました!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書の秋に「生きている会社、死んでいる会社」を読む 「見える化」在庫管理システムの社長Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる